回復した視力を維持する画期的なICL

ICLは強度近視でも手術を行えるのだろうか。

 

レーシックの場合、近視が強いと角膜を多く削り取らないそしたらならない。

 

ですから、コンタクトの度数-6.0以上という強度近視の場合には、削る量に角膜厚が耐えられず手術できませんこともあるのです。

 

その一方で、ICLは視力によりまして埋め込むレンズの大きさを変える必要はないです。

 

そのため、強度近視でも手術が可能です。

 

レンズを埋め込む虹彩と水晶体の間にある後房空間が狭い人の場合には、ICL手術が適用できません場合があげられます。

 

ただ、ICLのレンズということは後房空間の大きさに合わせて4つの段階でサイズが用意されます。

 

手術が適用できませんというものは極めて希らしいです。

 

コンタクトレンズも黒目の大きさに合わせてカーブが2通りあげられます。

 

ICLレンズになると4つの段階があるということなのです。

 

費用はかかりますが、長期的にみますとコンタクトより安上がりになるのでしょう。

 

ICL手術は、最安値でも40万円ですので、レーシックに比べても高額です。

 

ただしレーシックも、クオリティのもっとも高い最新機器での手術を希望した場合、ICLよりも高額になる傾向にあげられます。

 

ICLがすべての面で優れているので、レーシックは低価格ということ以外にはメリットがありません。

 

さらに、手術は痛くないのだろうか。

 

手術の前に、目薬で点眼麻酔をいくども行いますので、痛みを感じることもほぼありません。

 

実際に手術を行って、痛みがまったくなくびっくりという人も多いと思う。

 

ただし、レンズを挿入する切れ目を入れる時には、切れ目が持ち込んだ、というような感覚はあるでしょう。

 

この感覚は決して気持ちの良いものではありません。

 

しかしていながら、片目5分ほどの手術で、不快な時間自体は3分ほどです。

 

十分に我慢出来るレベルだと思われている。

 

実際、手術の前は痛かったらどうするならば良いのでしょうかと不安に感じるかもしれない。

 

内出血も、1週間で吸収されてなくなるんですので、不安に感じる必要はありません。

 

 

 

トップへ戻る