回復した視力を維持する画期的なICL

ICLレンズを注文してレンズが届かないと、手術は受けられません。

 

特に乱視が入ってるみたいな場合や度数が高い場合には3ヶ月以上かかってしまう実現性もあるのです。

 

レンズ発注してから作り出すレンズの場合にも、作成してから輸送するまでがスムーズであるそしたら2週間程度で届く場合が多いみたいです。

 

レンズが届いたら、手術の日程が決定します。

 

予約することが、手術日、翌日検診といいました流れになるのでしょう。

 

手術は、手術と検診で3時間から5時間ほどかかります。

 

手術自体は、問いがないならば1時間もあれば終わります。

 

炎症が起きた場合には、2時間ほどかかってしまうこともあげられます。

 

1週間後検診は必ず受けるようにしてほしい。

 

手術当日の持ち物もチェックしておくこと。

 

手術代金、点眼液、診察券、印鑑や同意書、ヘアゴムなどです。

 

髪の毛が長い人は、髪の毛が目に入らないようにヘアゴムなどを使い始めてちゃんととまとめておいてください。

 

手術当日は、静電気が起きやすい衣服は着用しないようにしてください。

 

さらに、繊維が飛びやすい衣服は手術に影響が出ることもあげられますので、着ないようにしてください。

 

フードのついたものやタートルネックの衣類とかいというものも控えてください。

 

ピアス、イヤリング、ネックレス類も外しておいてください。

 

もちろん整髪料や制汗スプレーいというものも控えてください。

 

手術日までには、出来るだけ部屋の掃除をしておいてください。

 

というのも、ICL手術で怖いのが感染症になるんです。

 

感染症の可能性は出来るだけ下げるべきなので、部屋が汚れていますのであれば部屋の大掃除をして、出来るだけホコリがない状態にしておくと安心です。

 

普段はあまり掃除しないような場所のホコリもきれいに取り除いておいてください。

 

いつもは全く生活に影響しない程度のホコリも、術後の目にホコリが入ってしまうと、感染症を引き起こしてしまうでしょう可能性があるということをちゃんととリスクを減らしておけるようにしてくださいね。

 

 

 

トップへ戻る