回復した視力を維持する画期的なICL

眼内コンタクトレンズはレーシックみたいに角膜を削ることはないです。

 

角膜が薄い人、強度近視の人、軽度の円錐角膜の人など、レーシックを受けられない人しかし、近視、遠視、乱視を矯正して裸眼で生活出来るようになってくるのです。

 

さらに、レーシックが適応と診断されました場合におきましても、近視や乱視が強い方の場合には角膜を削る量がとっても多くなるんですので、視力が上昇したとしましてもクリアに見えない場合があるのです。

 

その時合には、眼内コンタクトレンズの方が良いでしょう。

 

眼内コンタクトレンズの安全性につきまして思ってみましょう。

 

水酸化エチルメタクリレート、コラーゲンを抱負に含んだ親水性の柔らかい素材によりまして作られているのです。

 

コラマーは生体適合性が高いなので目の中にいれても異物として認識されにくいのが特徴です。

 

特別なメンテナンスは必要もありませんし、目の中で長期的に透明な状態を維持できる。

 

長い間にわたり透明な状態を維持し、長くレンズとしましての機能を果たします。

 

レーシックでは矯正できません強度近視も矯正でき、角膜が薄い場合や円錐角膜や角膜拡張症のリスクが高い場合にも施術できます。

 

レーシックによくある高次収差の増加もありませんし、コントラスト感度が上がります。

 

レーシックに比べるとコントラスト感度が低下しましたり、ハロ・グレアなども感じにくいと言い聞かされます。

 

網膜投影像が小さくなることはないので、手術前に比べて矯正視力が向上します。

 

術後の戻りもほぼありませんし、視力経過がとっても安定しています。

 

フラップ作成によって引き起こさせられる角膜知覚低下がないためドライアイにもなりにくといったメリットがあげられます。

 

レンズを取り出して元の状態に戻せます。

 

レーシックは角膜を削りますので元に戻すのはとっても困難です。

 

前房虹彩支持型のフェイキックIOLとはちがい、レンズの偏位、脱落も起こしにくいのが大きなメリットだといえます。

 

 

 

トップへ戻る